• 総合診療科
  • 腫瘍科
  • 整形外科
  • 神経科
  • 循環器科(心臓病)
  • 泌尿器科
  • 消化器科・内視鏡検査
  • 内分泌科
  • 皮膚科
  • 血液内科
  • 産科
  • エキゾチックアニマル

病院案内

院長のご挨拶

こんにちは。院長の関根康宏です。
2013年3月より、ここ東京都八王子市で診察をしています。

動物病院を選ぶあなたにとって、院長の人となりは重要な判断材料だと思いますので、ご挨拶を兼ねて少し自己紹介をさせて頂きます。

私は小さい頃から生き物への興味が旺盛でした。
NHKの「生きもの地球紀行」を毎週欠かさず見ていたり、虫が好きでカブトムシを取りに行ったり、アリを飼ったり、飼っているトカゲを散歩に連れて行くような子供でした。

中学生になると、親に内緒で犬を貰ってきて飼い始めました。
柴犬のような垂れ耳の雑種犬で、某有名アニメ映画のヒロインの名前を頂いてシータと名付けました。

こういうエピソードを話すと、「小さい頃から獣医師になるのが夢だったのかな」と思われるかもしれませんが、当時はそんなつもりは全くありませんでした。
大学も動物とは無関係なところを志望していたくらいです。
しかし、ふいに「シータが将来病気になった時、自分で治せるようになったらいいな」という考えが浮かび、大学受験直前で獣医学部への進学を志し、気が付けば獣医師になっていました。

 
  八王子市・多摩市の犬猫の動物病院 クラーク動物病院/八王子動物医療センター  
 

大学卒業後は埼玉県の動物病院に6年間勤務しました。
規模が大きく忙しい病院で、帰宅は深夜もしばしば、更に定期的に夜間当番もあったため翌朝まで仕事もざらでした。
腫瘍科(ガン)、神経科、心臓科、皮膚科、眼科、画像診断科などの専門科もあり、周辺の動物病院から難しい病気の子が紹介されてきたため、通常は大学病院に紹介されるような症例もたくさん治療してきました。
手術も一般の動物病院で行う避妊や去勢だけでなく、高度なものも多数経験することが出来ました。

とても働き甲斐のある動物病院でしたし、獣医師主任を任せられ、働きを評価して頂いたのか「病院に残って欲しい」と誘われもしました。
しかし、いつか自分の意思で自分が理想とする獣医療を行いたいと考えていたので開業の道を選びました。
それがこのクラーク動物病院です。

個人的には、病気の動物をしっかりと治療出来るのはもちろん、飼い主であるあなたの気持ちに寄り添い、感謝の声が頂ける病院でありたいと考えています。

今までも、退院した犬の飼い主さんからお礼のハガキを頂いたり、全力で治療したものの亡くなってしまった猫の飼い主さんから「また新しい猫を迎えたら、先生に診てもらいたい」と言われた経験がありますが、そんな時は「獣医師をやっていて良かった」と心から思える瞬間です。


「ペットに何かあったら、クラーク動物病院に連れて行けば大丈夫」


あなたにもそう言って頂けるよう、「町の動物病院だから」という理由で妥協せず、より高い水準で動物を診られる病院として頑張っていきます。
どうぞよろしくお願い致します。