• 総合診療科
  • 腫瘍科
  • 整形外科
  • 神経科
  • 循環器科(心臓病)
  • 泌尿器科
  • 消化器科・内視鏡検査
  • 内分泌科
  • 皮膚科
  • 血液内科
  • 産科
  • エキゾチックアニマル

病院案内

医療設備紹介

超音波診断装置(エコー)
心臓、お腹の中の臓器、眼、関節など様々な部位の状態を詳しく調べます。
心臓病の診断および状態の進行具合の確認やお腹の中の各種臓器のしこりがないか確認したり、妊娠診断、胸水腹水の確認にも使用します。

デジタルレントゲン装置
デジタルな画像であるためパソコンで拡大したり、コントラスト等をかえることで病気の診断率が上がります。
各診察室にモニターを入れる事で飼い主様にもみて頂き診察が可能です。

内視鏡
内視鏡は胃腸の異物を取り除いたり、胃腸の病気の診断や呼吸器の色々な病気でも使用しております。
異物は内視鏡で取り出せれば手術の必要は無いため日帰りでの帰宅が可能です。

心電図検査機
主に心臓の検査で不整脈の診断に使用します。

トノペット(眼圧計)
眼の圧を測定し、緑内障や眼のぶどう膜炎の診断に使用します。

スリットランプ
眼科検査の機械で眼の表面や周囲、中の構造を拡大し細かく観察します。

各種血液検査機器
血液中の赤血球、白血球、血小板その他低血糖含め内臓の各種検査など各種血液検査を様々な機械を使用し測定する事で即座に動物の状態を確認します。

ホルモン測定器
甲状腺ホルモン、副腎皮質ホルモン、黄体ホルモンなどの測定を行います。
病院で測定する事で即座に診断が可能です。

手術室用生体モニター
当院では麻酔管理に力を入れており最新の機械を導入しております。
この機械は直接血管内の血圧を測定する事もでき、動物の状態を常に把握し手術を行う事が可能です。

麻酔機/人工呼吸器
当院では手術中の麻酔にガス麻酔を使用し、より安全で体への負担を少なく麻酔からの覚醒も早い物を使用しております。また人工呼吸器を使用する事で換気の回数、換気圧等細かく調節が可能で最も安全な環境で手術を行える設備を導入しています。

電気メス
手術時に組織の切開、止血を行います。的確に使用する事で出血をコントロールし短時間での手術を可能にしています。

整形外科システム
椎間板ヘルニアや各種骨折等の整形外科の手術で使用します。

 

各種歯科ユニット
歯石の除去を始め、その後の歯のコーティングや歯に負担をかけずに抜歯したりするのに使用します。

高圧蒸気滅菌器
主に手術器具の滅菌に使用する機械で無菌での手術を可能にしています。

 
 

アーム式電動診察台
当院はアーム式の診察台を使用する事で電動で診察台が低い位置まで下げる事ができますので大型犬等に負担無く診察台に載せてあげる事ができます。