• 総合診療科
  • 腫瘍科
  • 整形外科
  • 神経科
  • 循環器科(心臓病)
  • 泌尿器科
  • 消化器科・内視鏡検査
  • 内分泌科
  • 皮膚科
  • 血液内科
  • 産科
  • エキゾチックアニマル

安心安全な麻酔

ご家族からすると、ペットに麻酔をかけるのは怖いイメージがあると思います。
実は麻酔と言っても内容はピンキリですが、当院はコストをかけて安心安全な麻酔を行っています。
現在まで、麻酔による事故はゼロ件です。

当院での麻酔方法

当院で動物に麻酔をかけて手術を行うときの大まかな流れです。

八王子市・多摩市の犬猫の動物病院 クラーク動物病院/八王子動物医療センター 手術決定まで
手術そのものが可能かどうかの判断を行います。
血液検査やレントゲン撮影など術前に検査を行い、動物の状態をチェックしています。
更に心臓病など麻酔のリスクが高いと思われる子の場合、事前に詳細な検査を行い、麻酔に耐えうるかのチェックも行っています。

手術前
八王子市・多摩市の犬猫の動物病院 クラーク動物病院/八王子動物医療センター まずはお部屋でゆっくり落ち着かせます。
ここで落ち着いてくれるほど、少量の麻酔薬で眠ってくれるため、麻酔薬の使用量を減らすことが出来ます。
当院では比較的ポピュラーな避妊手術、去勢手術を始め、ほとんどの手術で麻酔をかける前に、鎮静薬、鎮痛薬を使用しています。
鎮静をかけることによって、本人は落ち着きぼんやりとして、慣れない場所で麻酔をかけられる不安が和らぎます。
また、手術前から鎮痛薬を使用した方が、動物の痛みをより減らせることが分かっています。

眠らせる
手術室に動物を連れてきたら、動物が余計な不安を感じないように、なるべくスムーズに眠らせます。
注射で即効性の麻酔薬を入れて眠らせたら、気管チューブという管を入れて人工呼吸へと移行します。

八王子市・多摩市の犬猫の動物病院 クラーク動物病院/八王子動物医療センター 手術中
手術中は麻酔ガスを吸入させて麻酔を維持します。
心拍数、呼吸数、体温、血圧、心電図波形、体内の酸素・二酸化炭素量などを連続的にチェックし、さらに手術の内容・進行度に合わせて、麻酔の量をこまめに調節します。

手術後
八王子市・多摩市の犬猫の動物病院 クラーク動物病院/八王子動物医療センター 麻酔から覚める際に問題が起こらないように、手術後も動物から目は離しません。
スタッフが様子を見つつ、麻酔が覚めてきたのを確認して入院室に戻します。
入院室に戻ってからも変化があればすぐに対応できるように体制を整えております。

以上が大まかな流れですが、実際には、動物の年齢、体重、病状などに合わせて、もっと細かい調節が必要になります。
当院では手術時には執刀医、助手に加えて、獣医師が麻酔担当として手術に参加するため、専門知識と技術を持ったものが麻酔管理を行う体制になっています。
また、動物の痛みを最小限にするため、手術中の痛みを減らすのはもちろん、手術前から鎮痛薬を使用し、手術後の快適かつ素早い回復を助けています。
確かに麻酔による急変のリスクはゼロではありませんが、上記のように器材、薬剤、手術スタッフ、全てにコストをかけているため、当院において手術中の麻酔事故は現時点まで発生しておりません。
どうぞ安心して大切な動物をお任せ下さい。